きゃべつめし

息子が最近はキャベツ農家を手伝ってるのか
時々キャベツをくれます。

というわけで昨晩はキャベツ1玉食べました。
今月に入って3玉目です。
キャベツを切って炊いてコンソメで味を付けるだけです。
あらびき胡椒のフタをとって丼にキャベツを盛る前にザザッと投入。
(キャベツ盛った後だと胡椒が湿気る)
1人1食1玉って多いように思えますけどイケちゃうんだな。
ストーブの上で1時間以上クタクタになるまで炊いたキャベツは
冷や酒飲みながら食べると丁度いい感じ。
胃の中でお燗されるって言いますか
少量でよくまわる。
で、キャベツはむちゃくちゃウマいし、暖まるし、なんか血がきれいになるような感覚があります。
ベーコンとかタマネギを入れないから安く上がるしラクだし。
だって、コンソメスープで既に味が出来上がってるじゃないですか。
お客さんに出すなら体裁を考えるけど
独りだと何かとラクですわ。

つーか、なんか最近貧乏自慢ばっかりだなorz
言い換えると「侘び寂びある暮らし」
うわぁー急にかっこよくなった。
「モノは言いよう」ですねー

朝食は、これまた息子からもらった大根をおろして
醤油と味の素で頂こうと思います。

禅寺みたいだな。

0

旧ブログ

Posted by