ゆっくりしてっておくれ

逆走

逆走車トンカツ屋でお昼を食べて、
午後からまたがんばろうって
ウチに戻ろうとした矢先

片側3車線の、神宮につながる国道で
え”?え”っ?って
逆送してくる車。

すかさず助手席に置いたバッグからカメラを取り出して。

逆走車は機転を利かせて
道路沿いの店に避難するところでした。

既に車は横を向いてるから
ビックリ感が全然無いですね。

車での逆走は大変危険ですけど
人生においても
自分は逆走してないか
常に用心したいものです。

とか、単に他人の不幸をネタにしただけではバツが悪いので
何となく意味がありそうな言葉を最後に足してみるあたり
だいぶ自分も狡猾になったな・・・とか思いますた。

この記事を書いた人
コメント (4)
  1. もも より:

    許されるものなら逆走したい時もあります
    一晩眠ったら割り切って忘れてしまうようなことでも
    綱さんに撮られないように気をつけなくちゃ♪

  2. こんちゃっす! うちも有るんですよ、たまに・・

    団地のブロックからメイン通りに出ると、片側2車線の道路で、分離帯に植栽が有るんですよ。
    対向車ライト防止の生け垣と大きな樹木が点々と。
    ブロックから出るところは、T字路なので、左折専用なんですが、営業とかお客さんとか そのブロックに住んでいない人が、夜になると、右折しちゃうんですよ。
    省エネで街灯も、一個おきにしているし、植栽で反対車線の存在が見えにくいので・・。

    もう、何度も 向かってくるヘッドライトを浴びたことか・・・

    たまに、自分が間違ってることに気づかず、ヘッドライト パカパカさせて、クラクション鳴らす奴も居たりね。

    道路標識が T字路の目の前じゃなくて、脇の歩道にあるから 気が付かないのかの知れません。

  3. より:

    こんばんは~

    そうですね。許されるものなら。
    映画や小説で時代を逆行するものに心躍らされるのも
    「まず無理でしょ」という前提があるからかもしれませんね。
    ももさんみたいに人一倍の感受性の持ち主だったら、
    なお更その思いは強いんだろうな・・・とか考えます。
    ただ、賢明なことに「寝たら忘れる」いや、忘れるまではいかないでしょうけど
    寝たら緩和されることは、既に身をもって会得されてるようで。
    人類に与えられた、せめてもの天の配剤のようですね。

    昔、僕がまだ霊魂を信じていた頃
    いちばんやりたかったのは、霊魂になったら
    片っ端から風呂を覗いてまわることです。
    男のロマンです。

    いつもいつも ありがとうございます。

  4. より:

    こんばんは~

    え”え~っ。みーちゃんパパさん そんなに逆走とカチ遭うこと、ありますかw
    僕は写真ので生涯2度目です。
    それと、そうそう。
    自分も、その例に挙げてくれてる右折でやりそうになった事がありますわ。
    土地勘が無い場所で。
    「おーっと」ってハンドル切り直してセーフでした。
    なので今回のことも全く他人事じゃないんですよね。
    それとアクセルとブレーキの踏み間違い。
    20年近く前ですが部下がコンビニに突っ込んで莫大な賠償金を請求されたらしいですし。
    まぁ逆走にせよ、アクセルとブレーキの踏み間違いにせよ
    「自分の身の上には起きないだろう」とか言い切れないじゃないですか。
    ウチは親もまだ運転してるので自分だけでなく心配の種が倍増ですのよ。

    いつもいつも ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です