子女子の季節

こおなごというわけで春の味覚のひとつ「こおなご」なのか「こうなご」なのか。
漢字では「子女子」って書くけど、
「おらっアグネス かかってこい!」みたいな。
「いかなご」とも言いますよね。

山陽方面じゃ「いかなごの釘煮」
あれ、最初に食べた時 うまさに驚いたです。

今ではこっちでも
いろんな食品会社がコピーを作ってますわ。

こおなごで、春先にこいつが獲れるらしいんですけど
春先のやつは小さくて特に美味しいんですわ。

子供らが小さかった頃は、骨とか成長するように
釜揚げシラスで朝ご飯を食べさせていたんですけど
シラスも高いですから、
旬の時期は安価な子女子が助かるというわけです。

僕は、ご飯の上に載せて
たっぷり生姜をすって
醤油を少々垂らして頂きます。

胃袋って入る量に物理的な制限がありますから
それが何とも悩ましい・・・
無制限に入る胃袋、欲しいよう。

こいつも5月の連休頃には、すっかり育っちゃって
どぜう位の大きさになっちゃって
そうなると僕はあんまり好きじゃないです。

0

旧ブログ

Posted by