イタリアの凄いとこ

カバタッピイタリア人というと、
やたらとオシャレそうだったり
時間を守らなそうだったり
勤務中もカンツォーネを歌ってそうだったり
ちょっと目を離すと、おねいさんを口説いてそうだったり
高田 純次がたくさん集まって国家を形成してそうなイメージ。
(実際はイタリア人で括られるよりローマとかミラノとか県単位で括ってほしがられるとか)

んで、普段はダメダメなんだけど、
やる時は天才的な輝きを放つイメージありません?

で、僕が一番
「イタリアってすげーな」って一番思うのは
服でも車でもなく
パスタを食べながら、いつも感心してるんですわ。
僕は、いわゆるショートパスタが大好きなんですけど
同じ生地からカタチを変えるだけで違う味わいを出しちゃうところに毎度毎度感激してます。
日本でも素麺と冷麦とうどんときしめんは
同じような生地から作りますけど4種類ですか。
それに対してパスタの形状は一説によると500種類以上と聞いた事がありますけど
500種類以上という数字の信憑性はともかく
「とにかくたくさん。無数」ということだろうと。

僕は昼食で200グラム強ですか。
大抵ウチには数種類置いてあるので、気分で選んで茹でます。

そうそう、ついでですから日頃よく使われる「弱とか強」って

10000弱とはどうあっても10000に満たない9999までの多少少ない数字のこと。
逆に10000強はどうあっても10000を下回らず、かつ10000より多少多い10001以上の数字のこと。
大小の加減は様々だが、20000のことを10000強と表現することはない。

だそうです。
勉強になりますたか?

0

旧ブログ

Posted by