ゆっくりしてっておくれ

カセットテープ

若かりし頃、カセットテープの全盛期。
今の子供らに「A面とB面があって裏返して」とか言っても信じてくれなさそうw
「おっちゃん、またアホなこと言うてw」みたいな。

昔は巻き戻しとかしてたんだもんね~
職人芸の領域な頭出しとか~
もう、あんなのイヤだわ。

電気屋に空のカセットテープを買いに行くと数本パックで売ってるんだけど
包装フィルムが剥がしにくいのね。

で、レコードとかアルバムを録るでしょ。
それを元に、自分で曲順を編集した特選版とか作るでしょ。

特に極めつけで気に入ってるやつは
文房具屋とか大きな本屋で売ってたレタリングシールっていうの、アルファベットの。
あれで丁寧にタイトルとか貼ってさ。

いろいろ妄想たくましく
好きな子にあげたりとかねw

今の子は、そういうの「携帯電話経由な何か」ばっかりなのかな?
まぁ、どうでもいいですけど。

この記事を書いた人
コメント (10)
  1. なつかしいっすね!

    テープのメーカーや種類にこだわって、

    メタルは メタル対応じゃないと再録音出来なかったりとか・・

    自分も AKAI GXヘッドのデッキありやしたよ。
    ナカミチとかTEACとかが欲しかったけど、貧乏学生には無理でした。

  2. じゅごん より:

    そうそう、編集してましたね~♫
    タイトルも時間かけて絵を書いたり文字を手書きで陰影をつけて書いたりと・・・捨てられません。
    引越しの時カセットテープこんなにあったんか~ってくらい何箱もあったわ^^

    擦り切れるくらい聞いてたよヽ(´ー`)ノ
    最初はテープをひっくり返して聞いてたけど
    A面B面ひっくり返さなくてもぐるぐる聞けるようになったときにはびっくりしたものでしたが・・・

  3. 蒼井シジン より:

    こんにちは。
    いつも面白いネタをありがとうございます。
    現実世界からの逃避行動です。

    先日どこかで、カセットテープとボールペンの写真があって、さてこれで何をするでしょう?、と言うのがありましたが、わからない人が多いみたい。
    昨夜、たまたま手紙嫌いの主人公の小説を読んだりしていたのですが、手紙にしろカセットテープにしろ昔の人はいろいろと努力していました。胸をどきどきさせながら、面倒なその作業も楽しい。:-) 今の子達は、あのどきどき感が経験できないのは残念なのかもしれません。まぁ、知らなければ知らないでそれは無いのと同じなんでしょうけど。
    カセットデッキは我が家では現役で活動しています。チューナーに繋がっているので、ラジオのエアチェックだってできちゃう。

    それではまた。
    仕事に戻りますです。:-P

  4. あんず より:

    いゃ~懐かしい物になったのね
    あたしの青春期

    すっんごーい 回るテープの継ぎ目がない
    動画の様にしか見えないわ~
    やっぱ網さんテクすご~いチュ
    (^^)

  5. もも より:

    まだあります。そのあとに買ったCDラジカセと並んで置いてます
    ラジオもカセットテープも聞かないけど、壊れてないから捨てずに大事にとってますけど、ほこりをかぶってるような(…それは大事にとってるとは言えないですね)

  6. より:

    こんばんは~

    あったあったwww
    なんか聞いてもよく違いがわからないけど、わかった振りしてた謎規格、ありましたね。
    メタルとかクロームとかあったような。

    みーちゃんパパさんと違って僕はバイトばかりして裕福な学生だったのでw
    AKAIとかMaranzとかのアンプでスピーカーはJBLやらBOSEやら買ってスイッチでいろいろ経路を切り替えるようにしてツウぶってましたけど、時が経ったら「いったい何がしたかったんだろう?」という感じです。
    いろいろ浪費をしなくては見えてこないものがあると云うことでw

    いつもいつも ありがとうございます。

  7. より:

    こんばんは~

    あぁ~。じゅごんちゃん凝り性って感じだから編集とか好きそうwww
    やっぱりタイトルも手が込んでたかw
    立体的に・・・ですね。斜線入れてみたり音符を散らしてみたり。
    このっ 夢見がち少女がっw 「元」だ「元」っw
    高校時代の写真を見せてもらってると、すっげー鮮明にイメージ涌きますね。

    >A面B面ひっくり返さなくても
    そうそう。あれは男心をくすぐりましたけど、あれに惹かれましたか~
    あの時代の日本って元気よかったですよね。
    今に比べたら まだまだ少ない物資に、いろんなアイデアを試行錯誤してましたね。

    いつもいつも ありがとうございます。

  8. より:

    こんばんは~

    いやぁ~。ほんと思い返すと照れくさくて甘酸っぱいです。
    こんなもっともないものを褒めていただいて、ありがとうございます。
    そうそう。さすが。
    その「どきどき感」が今回の核心だったんですけど。
    心に引っかかるけど意識できないスレスレの線を狙って言葉を投げたつもりだったんですけど蒼井シジンさんに、いとも容易く見破られてしまいました。
    エアチェックwww。負けたw。その単語は強い何かがありますね。
    僕は滝にでも打たれて出直して参りますw

    お仕事は進みましたでしょうか?
    ちなみに今日の僕は現実逃避失敗。マルチスレッドの締め切りに追われセルフ社畜状態でした(泣

  9. より:

    こんばんは~

    いやいや。ちっちっちっ。
    あれは拾いモノでして。テクニックも何も、単に「拾ってくるテクニック」ですわ。
    ちなみに僕は自前の画像と拾いモノと区別ができるように、マウスポインタあるじゃないですか。矢印の。
    あれを画像の上に置いて少し待つと画像のタイトルというか説明が出る場合は自前の画像。
    拾いモノだと何も出ないようにしています。まぁインターネットエクスプローラだけだからiBookだと関係ないかも。safariは、わからないです。

    そうそう、あんずさんは巨大なラジカセ(死語)を肩に担いでダンスミュージックをガンガンかけながら派手な衣装で闊歩してそうなイメージw

    いつもいつも ありがとうございます。

  10. より:

    こんばんは~

    あらまぁ、同じ事を僕がやってたら「捨てにいくのも面倒なのか?」みたいな目で見られそうだけど、ももさんだとかわいらしいのが不思議w
    あっいいのよ いいのよ。ホコリ払っておきました~みたいな。
    世の中は不公平であります。う~ん。
    まぁ、物理的に その年代物であろうラジカセから音を出すことは、もう無いだろうけど
    部屋に置いてある「それ」が目に入ると、ももさんの心の中で思い出の唄が涌いてきたり流れてくるんですよね。
    「おっ、なんか自分 いいこと言ったぞ」みたいな。
    ラジオって、僕の心の中では
    何だかすっかり「災害時の・・・」みたいなイメージになってます。

    いつもいつも ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です