ゆっくりしてっておくれ

夏も近づく八十八夜

野にも山にも若葉が茂る♪

茶刈り機

というわけで山間部のお茶を作ってる辺りでは
というか、お茶くらいしか作物が無い辺りでは

人力の茶刈り機でやってたり
このような、かっこいいマシンで全自動化してたり
お茶のパッケージに描いてあるような
かすりの着物とほおかむり姿の茶娘が
手で摘んでいるというシーンは決して見掛けません。

では、今朝のキノコさん。

きのこさん

やっぱり日を追うごとに矮小化しております。

この記事を書いた人
コメント (4)
  1. もも より:

    イメージが刷り込まれています
    田植えも、花笠かぶった早乙女がにこやかに手で植えてるし
    フランスのぶどう畑だって乙女たちが裸足でぶどうつぶしてるし

    おじさまとか登場しないのはなぜでしょうか

    きのこは、もしかしてこのまま食べ頃を逃しちゃいそうですか?

  2. じゅごん より:

    お米もそうだけど
    棚田とか機械がはいれないところのお米は手作業で
    天日干しもできるし甘いお米ができるように
    お茶も機械化になってるから機械のはいれないとことか高級茶になると手摘み、手もみですね~♫

    昔はお米もお茶も手作業だったのが
    機械化して手作業がブランドになったりします。
    手間暇かけて作った物はやっぱり美味しいですね。
    機械では解らない感覚を人の手で感じる・・・古き良き日本の姿は機械化によってすこしづつなくなりつつありますが
    残して欲しい日本の手作り文化はたくさんありますね(*゚▽゚*)

  3. より:

    こんばんは~

    そそそ。茶摘みのみならず、確かにももさんがおっしゃるとおり。
    稲なんかも農薬の商品名が入った野球帽をかぶってオレンジ色の稲刈り機に乗って田んぼを走ってますね。
    乙女のブドウ踏みも昔TVで見たことありましたけど実際は…
    いやいや、ワインって意外と近代化されてて果汁の凍結濃縮やらスプレードライとか
    ステンレスのタンクでごにょごにょごにょ…とか。
    おっさんが踏んでなさそうでよかったw
    というわけでまんまと商業イメージにやられてますよね~
    僕もそうです。

    きのこは…そうですね…

    いつもいつも ありがとうございます。

  4. より:

    こんばんは~

    そそそ。大いに同意してます。実はですね。
    いっぺん本文に書いて消したんですけど
    茶の木って虫が多いじゃないですか。虫の住みかになるパターン。
    蜘蛛の巣を張ってるなんて当たり前だし。
    蜘蛛の巣があるんだから、そこにようけ虫がキャッチされとるやろ…みたいな。
    僕は合理的なことが好きなので基本的に機械化は賛成なんですけど
    お茶の手摘みは人の目が選別してお茶の芽だけをを摘むところに大きな意味があると思うんですよ。
    茶刈り機なんか単なる巨大なバリカンですから。

    それはそうと、お宅でもやってそうですね。じゅごんちゃん似合ってそうよ~。

    いつもいつも ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です