稲香(いなか)と、飲み屋の店名みたいなタイトルを思いついた

というわけで台風が去った炎天下、
おかずの材料を買いにリュックを背負って原チャリにまたがって
わざと農道を通ってヂャスコへ行きます。
ヂャスコはウチの冷蔵庫。
今日も昼と夕方、2回も行ってしまった。
稲

ウチの村内は黄金の稲穂。

思わず原チャリを停めてポケットの中からカメラを取り出します。

う~ん。DNAがうずくぜ。
日本人はコメでできている。

稲
ウチの裏山。
かつて西行さんも住んでいました。

稲
知ってるかい?
刈った直後のあぜ道を通ると
新しい畳によく似た香りがするんだよ。

ド田舎はあまり刺激が無い?
そんなこと無いよ。

0

旧ブログ

Posted by