ゆっくりしてっておくれ

ネギマの規則らしい

「焼き鳥を串から外して食べてもよいが
ネギマだけはダメ。
あれは鶏とネギを交互に食べるという物語を一串で表現したものであり、
それを分解して食べるというのは
小説本を裁断してシャッフルして読むようなものである。」

という人がいると小耳に挟んだ事がありますが
パッと聞くと見識ありそうで
その後、ちょっと考えると
「???」ってなる不思議な感覚。
分解したって交互に食べればよいではないか。

まぁ焼き鳥を串から外すと
20%くらい味が抜けちゃうような感覚
物理的には説明がつかない感覚
確かにありますけど…

この記事を書いた人
コメント (2)
  1. もも より:

    心して食したいと思います

    今治では、串に刺さない焼き鳥が有名ですけど、思い切って入ったお店では普通に串に刺した焼き鳥を出されました
    美味しかったのですけど、いつかリベンジしてみたい気も♪

  2. より:

    こんにちは~。

    ほほう。今治の串に刺さない焼き鳥?と思って調べてみたら
    数点の画像を見る限り
    しょっちゅうウチの食卓に上ってる普通の鶏炒めですね。
    所変われば、これも地域名物になっちゃうのが驚きです。

    ちなみに牛で有名な松阪では牛ばかりでなく鶏肉も同じように網焼きにして食べるんですが牛に比べて華が無いせいか、ほとんど県外には知られていません。

    ももさんも結構そういうお店、好きそうですね~。かちょイイっ。

    いつもいつも ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です