信玄公のアレ

武田信玄公武田信玄公のよく知られた言葉。

一生懸命だと知恵が出る。
中途半端だと愚痴が出る。
いい加減だと言い訳が出る。

とか肝に銘じて、忙しい時を乗り越えたいものです。

せっかくですので信玄公の名言から好きなのを。

組織はまず管理者が自分を管理せよ。

甘柿も渋柿も、ともに役立てよ。

武将が陥りやすい三大失観。
一、分別あるものを悪人と見ること
一、遠慮あるものを臆病と見ること
一、軽躁なるものを勇剛と見ること

もう一押しこそ慎重になれ。

一日ひとつずつの教訓を聞いていったとしても、ひと月で三十か条になるのだ。
これを一年にすれば、三百六十か条ものことを知ることになるのではないか。

最後は、あの風林火山と同じくらい知名度が高いやつ。

人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり。

まぁ後世の創作とかもあるかもですけど
信玄公が言ったから価値があるんじゃなくって
言葉そのものに価値があると思いますので
本人が本当にそう言ったかはどうでも良いです。

0

旧ブログ

Posted by