縄文人のプラッチック

陶磁器のなかでも白くて薄いやつあるじゃないですか。
ボーンチャイナっていうの。
あれはあれとして、チャイナってのは支那の国だけでなく
かつて16世紀の大航海時代あたり支那からガンガン輸出されていた陶磁器のことをヨーロッパで総称的にさす場合があるそうですね。

では問題ですw
同じくヨーロッパ(の英語圏)でジャパンという名称は日本国以外に、ある工芸品をさしました。
さて、何でしょう?

はい。漆(うるし)ですね。

ま、厳密に言うと英語の場合China=支那、china=陶磁器、Japan=日本国、japan=漆工芸品と単語の先頭を小文字で表現するんですけど。

それはそうとして、日本の国名を背負った漆工芸品。

こいつも僕が大好きな「猫まんま」とかと同じく
若い頃は、その価値があんまり理解できないけど
歳をとって美しいものに目が肥えてくると何とも表現できないよさに気づきますよね。

ところでね
漆工芸品はjapanって言いましたけど、漆そのものは英語で何ていうか知ってます?
ラッカー(lacquer)って知った時はズッこけました。
よくコンクリの壁面にヤンキーが夜露死苦とか描いてる(いつの時代や)
あのスプレーをラッカースプレーって言いますよね。
いきなり安っぽくなる。

それはともかく、世界最古の利用例は日本からで
その日本の遺跡からの出土品だと紀元前7000年頃、
つまり今から9000年前の出土例があるそうですけど
「どんだけ耐久性あんねん!」って感じですよね。
まぁ漆って考えると「そんなもんか~」みたいな部分もありますが
漆ってさ、早朝 ウルシの木に傷を付けて出てきた汁で作りますよね。
樹脂
そう、天然プラッチックなわけですよね。
って考えると「縄文人が既にプラッチックを使ってた」という言い方もできるわけで。

そうそう、その すっげー耐久性がある漆工芸品だけど
紫外線にだけは弱いらしいから
もしもいいのを持ってたら、そこだけ気をつけて大事にしてやって下さい。

移行期間中のおことわり|共通メッセージ

こんにちは 網です

この度は、わざわざこちらまでありがとうございます。

今後しばらくの方針について

まだ製作途中ですけど許してね。

アメブロからの移行期間中は一部並行で記事投稿しようと思ってます。

一部並行とは、従来のアメブロ”網のブログ”で投稿していたような系統の内容のみ引き続きアメブロに掲載します。

将来的には完全移行したいです。

アメブロ側コメントの廃止について

それと、アメブロ側ではコメントを全面廃止しようと思ってます。

理由:データの移行が僕の思ってるとおりできないのよ。

投稿記事本文はコピペで何とかなるんだけどコメントは不具合があってね。

コメントって皆さんが置いてってくれた貴重なものだからね。
運営上の都合で、たとえ一部でもコメントとか失くしたくないでしょ。

だから今後コメントは”定置網”側のみにする予定です。

皆さまにおかれましては面倒くさくてスミマセン。

 

最新情報をチェックしよう!

旧ブログの最新記事8件

>あんたも物好きねぇ。。。

あんたも物好きねぇ。。。

”網”という人が10年間+αつづり続けてるブログです。

CTR IMG