というわけでですね。

一昨日はブログで予告したとおり

お昼ごはんにトンカツを食べに行ったのです。

ふと、食事中に”ある感覚”に苛まれました。

「これで合っているのだろうか?」

そして、”ある感覚”は宿題にすることにしました。

 

翌日は奥歯の根元を、前とは違う場所を手術したので

お昼はざるそばにしました。

 

そして軽く一杯飲んでひと晩寝て

大出血も無かったので通常営業の開始。

 

ってなわけで、1日あいだに挟んで同じとんかつ屋さんを訪れました。

偶然、一昨日と同じ席を案内されまして。

 

最初にキャベツと漬物と自分でゴリゴリするゴマが配膳されて。

僕は、おもむろに持参のバッグから醤油と塩を取り出して

カウンターの上に並べました。

そうなんですね~

一昨日カツを食べながら思ってたのはソースへの違和感だったのです。

「本当にソースでよいのか?」と哲学風な疑問が湧いてきまして。

で、疑問を果たすべくマイ調味料持参だったのです。

ででんっ

 

推理は当たっていました。

からし醤油で食べるカツは美味しかった。

ご飯にとてもよく合う。

しかし待てよ
「なんで調味料に醤油を用意しないのだろう?
カツ専門店なら、その辺にも気がつくだろう?」
と、僕はそんなことを考えながら食事していました。

わかった!
トンカツの調味料として醤油を出しちゃうと
こういう”ごはんキャベツおかわり自由”の店では
ご飯の消費が増えすぎて困るからだ。

という仮説をたてつつ食事を終えました。
トリビアの誕生です。

その真偽は定かではありませんけど
散歩していて、よその庭にいる犬に
勝手に変な名前を付ける楽しみに似た快感があります。

さて11時から津で商談だ。

旧ブログ(アメブロから継承)の最新記事8件

>あんたも物好きねぇ。。。

あんたも物好きねぇ。。。

”網”という人が10年間+αつづり続けてるブログです。

CTR IMG