というわけで台風が迫っておりますが

めげずにスジの炊き方を書きたいと思います。

 

完成すると、こういう感じになります。

ごはんの上、片側だけスジを盛っているのは

どうせ食べる時にスジをまくってご飯を露出させるからです。

 

それではメイキングいきます。

まず、スジとは何か?

業界用語で”原木”という肉の塊から肉と、その他の部分に切り分けます。

その他の部分から脂を除いたものが今回取り扱うスジです。

 

わざわざ今回取り扱うと書いたのはスジは大きく分けて3種類あって

コンビニのおでんでお馴染みの串に刺したヤツもスジですけど

正確にはあれはメンブレンという横隔膜についているものです。

 

で、他にはアキレス腱。

体育や部活の時に自分でも触ったことがあるでしょ。かかとのアレよ。

 

そして、上記の牛肉各部についている固い部分。

これら3種類の全然違う部位のものがスジと呼ばれています。

 

今回は下茹で&カット済みのものを買ってきました。

(ナマのやつを買ってきた場合は鍋いっぱいの水で2回茹でこぼします)

スジが完全に水に浸かる状態からプラス5センチ程度の水を入れて煮ます。

 

すると脂が浮いてくるので2枚重ねにしたキッチンペーパーをのせて脂を吸わせます。

(冷やして脂を固めて除く方法もあります)

 

こーんな感じで繰り返します。

 

すると、脂は鍋肌の方に溜まりますから鍋をほんの少しずらして(火を鍋の中心から少しずらして)、なるべく鍋肌の片側に脂を集めます。

で、2つ折りにしたキッチンペーパーを今度は鍋肌に沿わせて脂を吸わせます。

 

めんつゆをドボドボ入れて下味を付けます。

 

で、生姜や大根、こんにゃくなどを入れます。

だけど、炊きあがって冷凍する場合、こんにゃくは変質して食感が全く変わってしまうので

それも好き好きですが、こんにゃくは滑らかツルンでないと許せない人は、この時点でこんにゃくは入れない方が良いかもデス。

僕は面倒だから入れちゃいますけど。

 

はい。食べれる状態になりました。

 

このまま食べたり

ここから小鍋にとってザラメと醤油で味を濃くして丼にしたり。

 

美容と健康に大変よろしいですけど、それは僕にとってどうでもよい。

単に、めちゃめちゃ美味しいので秋、冬は時々作ります。

 

さて、今日は本でも読んで過ごそうか。

 

そうそう、昨日のヂャスコは大混乱だったよ。

いつも商品満載だった棚には空きが目立っていたし

レジ待ちの列が正月の混雑時以上!

 

市民の皆さん

よほど前回の台風で長時間停電したのに懲りたのかね。

 

旧ブログ(アメブロから継承)の最新記事8件

>あんたも物好きねぇ。。。

あんたも物好きねぇ。。。

”網”という人が10年間+αつづり続けてるブログです。

CTR IMG