というわけでヂャスコの酒屋には

島陳列で”令和コーナー”ができてました。

 

各社から(便乗)発売された”令和”というラベルの清酒を中心に

上等なお酒がひな壇に並んでいて正月並みの祝賀モードでしたよ。

早くも「今年の正月は凄いんだろうな」って予感させてくれます。

 

今後の元号も、その時代の陛下がお元気なうちの譲位、

健康で長生きなど条件が揃えば大歓迎だね。

空気の缶詰も、あやかり商売の定番ですね。

空気で思い浮かべるのは…

振り返れば、もう昔になってしまったけど

長年、住み慣れた静岡を後にして、こちらに引っ越した後

 

いちおう中学、高校時代に計1年半くらい住んでいたとはいえ

友達も少なく、排他的な土地柄で

初めての開業、子育て、夫婦関係、何かと苦労が多かった頃

 

明治のカールを買ってきては、袋の中に充てんされている空気を

不良中学生よろしく

胸いっぱい吸い込んで、かつての住処を懐かしんでいたものです。

 

あぁ、カールの工場が当時のウチの目の前にありましてね。

 

ま何が言いたいかというと

たかが空気でも、

時と場合によっては重みを増す場合があるのかな~

とか。

 

てか、あの頃は精神を病んでたわw

 

 

 

旧ブログ(アメブロから継承)の最新記事8件

>あんたも物好きねぇ。。。

あんたも物好きねぇ。。。

”網”という人が10年間+αつづり続けてるブログです。

CTR IMG