というわけでですね。

激辛カップ麺の中でも中本シリーズと並んで
最も有名な辛辛魚の今年のモデルを食べました。

 

同居している息子2号も僕に続いて食べていたので

「中本とどっちが好き?」って訊いたら「こっち(辛辛魚)やな」だって。

かなり辛いですけど

まぁ、食べられる程度には作ってあって(個人差があります)

毎年、この時期を待って箱買いする熱いファン層もあると聞きます。

名古屋名物 台湾ラーメンの奥は深かった

さてと

激辛ラーメンといえば、こちら中京方面(場合によって近畿だったりするけど)では

台湾ラーメンというものが有名です。

きしめんや味噌カツなど、いわゆる名古屋めしにも分類されています。

 

その元祖の味仙(みせん)というお店の台湾ラーメンはここのブログでも何度か紹介しました。

 

名古屋名物 台湾ラーメンが標準の辛さで

名古屋名物 台湾ラーメン アメリカン(マイルド版)とか、どこの国だよwww的な。

 

台湾ラーメンは、この2種類だけだと思っていました。

 

ところが、この台湾ラーメンにも辛さの上位機種があって

辛くない順から

アメリカン→レギュラー→イタリアン→メキシカン→アフリカンと

なぜか国名というのか民族名というのか、そんな名前がついています。

 

てかさー

店舗によって味が違うそうですけど

僕の場合、今池本店の普通のやつ(レギュラー)でも
麺をすすろうとするとムセて食べるのが大変でした。

味は美味しいんだけど催涙兵器w

 

そして、最近知ったのですけど最上位にはエイリアンという

とんでもなく辛い版が存在しているとか。

「これを食べれる人は、もう地球外生命体」と意図しているのは

聞かずともわかります。

 

名古屋を訪れる機会があったら、どなたか試してみてください。

僕は試しませんけど。

 

なお、これ書いてる今の僕

お茶しか飲んでないのに

頭汗びっしょりw

 

旧ブログ(アメブロから継承)の最新記事8件

>あんたも物好きねぇ。。。

あんたも物好きねぇ。。。

”網”という人が10年間+αつづり続けてるブログです。

CTR IMG